永久的に髪を増やす|チャップアップが人気を制する理由は口コミで紹介
男の人

チャップアップが人気を制する理由は口コミで紹介

永久的に髪を増やす

悩むメンズ

進化を続ける植毛

自毛植毛とは、自分の髪の毛を薄い場所に移し替える手術で薄毛を目立たなくするものです。後頭部や側頭部周辺には髪が多く生えているので、その部位の髪を毛包ごと薄毛が進行した部位に移植します。移植された髪は拒否反応もなく、今では定着率も9割を超え、普通の髪と同様に成長し抜け替わるようになります。自毛植毛には、皮膚ごと切り取って移植するものと、パンチという数ミリの円筒状の器具で毛根ごとに抜き取って移植する方法があります。皮膚ごと切り取るより毛根を抜き取る方法では傷跡もポツポツとしたもので目立たず身体の負担も少ないといわれています。自毛植毛の手術は日帰りででき、術後も2か月もたてば傷跡もわからなくなります。その後はパーマや染色も問題なくできるようになりますが、再度自毛植毛をしようとするなら避けた方がよいでしょう。

デメリットは高額なこと

しかし自毛植毛にもデメリットがあります。生え際だけの自毛植毛ならそこまで高額にはなりませんが、自費なので100万円近い金額がかかり、1回の手術で増やせる髪は60%程度といわれています。それで満足できなければ2度、3度と自毛植毛手術を繰り返す必要がありますが、50%の密度なら薄毛は目立たない程度になります。最新の技術では、切らずに毛根を採取する植毛ロボットも開発されていて、医師の技術に関係なく的確に採取できますが、植毛はまだ医師の手によるものです。自毛植毛を考えているなら、たくさんあるクリニックの中から自分に最適なクリニックを見つけるためには、カウンセリングを受けて症例写真を見せてもらい、納得できる仕上がりが期待できるところを選びましょう。